給食や学校内の栽培にゲノム編集作物・食品を持ち込まないで

2020年12月、開発企業サナテックシード社により、ゲノム編集高ギャバトマトが厚労省と農水省に届けられました。

販売会社のパイオニアエコサイエンス株式会社では、2021年にかけて家庭菜園用のゲノム編集高ギャバトマト苗を無償モニターとして一般に無料配布、さらに、22年に介護施設、23年には小学校に無償提供する計画を立てています。

価格が高いこともあり、無償提供により消費者のハードルを下げようとしているようにも見えます。

ゲノム編集は、遺伝子改変・遺伝子操作技術を用いた食品です。

国や関係機関は自然界でおこる突然変異と同じという見解で、影響評価や表示義務など規制の制度がないまま栽培と販売を解禁していますが、オフターゲット(遺伝子操作した標的以外の遺伝子への影響)やアレルギーなど体への影響、生態系への影響など検証されていない重大な課題があります。

遺伝子組み換え食品と同様に、未然防止の視点で、安易な導入を許してはいけません。

学校給食では、遺伝子組み換え食品は使わないという基準のもと食材が提供されていますが、同様にゲノム編集作物・食品についても学校で取り扱わないよう子どもたちの食の安全のために声をあげていきます。