暮らしを守るために

台風19号は、八王子市内でも土砂災害、道路の冠水、倒木、床上、床下浸水など、多くの被害がありました。1週間たった今でも、家の中や外、まちのあちこちで必至の復旧作業が続いています。

今はまだ気力があって一見元気そうに見えている人にも、これから心のケアも必要だと被災された方のお話を伺いながら感じているところです。

市では、台風19号に伴う被災者からの相談窓口を設置、災害ボランティアセンターも開設しています。
雪と違って溶けることのない泥を市に回収してもらうには袋に入れなければならない。小さな口の土のう袋に泥を入れる作業は、時間も手間もかかります。

また、今回あちこちの川で護岸が削られ、川の流れも変わってしまいました。河川や斜面地の多い八王子市として、ソフト面ハード面での防災対策をとっていかなくてはなりません。そして、私たちも、災害から命やくらしを守るために一人ひとり主体的に考え行動する必要性を感じました。

これからの市の防災施策に活かしていきますのでご意見等お寄せください。