はじめての議会

改選後、初めての議会が開かれました。これまでも生活者ネットワークの事務局長として、一般質問づくりに関わったり、議会傍聴に出かけたりしていたのですが、代理人になってみると今まで外からでは見えなかったものがいろいろ見えてきました。議会には、明記されてはいないがルールとなっていることがあり戸惑います。初めての一般質問もしました(テーマは、香害、農薬、殺虫剤の害について)。香料や農薬、殺虫剤には、発がん性が認められていたり体に影響があると分かっているものもあります。

また、香料や農薬などをコーティングしてマイクロカプセル化して、カプセルが時間差で破れることで、香りや農薬の効果を持続させています。カプセルはプラスチックでできており、毒性の強い成分で合成されたものもあります。私たちは、空気を介してそれらを吸い込んでいます。

市内には香りや無臭でも揮発する化学物質で苦しんでいる方が多くいます。市民、職員、教職員へ啓発を求めました。学校では養護教諭を通じて保護者、教師へ周知啓発に努めていくと答弁をもらいました。まずは知ることから!一般質問を作る前に、コミュニティの夏ギフト試食会があちこちであり、みなさんの声を聴き提案に活かすことができました。これからもみなさんの声をもとに一般質問を作っていけたらと思っています。小さな集まりにも呼んでいただけると嬉しいです。香りや化学物質について、学習会も開きたいなと思っています。